アイディア満載の販促品

販促品を使ったプロモーションで印象づけ

販促品を使ったプロモーション

商品やサービスを購入したら、企業名の入ったボールペンや手帳などの文房具、企業キャラクターのぬいぐるみといった小物がプレゼントされた、という経験を持つ人は多いのではないでしょうか。
これらは販促品として、企業をアピールして印象付ける効果があるものです。独特のブランドキャラクターを持っている企業はそのキャラクターを活用して販促品を作ります。
お客様のなかにはそのキャラクターのファンで、グッズとして集めている人もいるでしょう。まだ商品を購入していない、これからのお客様集めの手段としても、街中やデパート、ショッピングセンター内で商品と企業のプロモーション活動を行って無料で販促品を配ることもあります。
ちょっとしたプレゼント効果もあるこういったプロモーションでは、これから発売する商品や企業をアピールする絶好のチャンスです。
まずは商品や企業を知ってもらうことが大切で、後々の購買につながるきっかけにもなります。

販促品のオリジナルグッズにはプレミアム感は必要

販促品は当然販売を促進するためのもので、商品にたいして主たるものにならず、むしろおまけのような存在です。ですので販促品は商品を知ってもらうためのものと考えることが多いです。
しかしながらこの販促品が、会社のオリジナルグッズであれば話は変わってきます。ましてやこのオリジナルグッズがプレミアム感があり、どうしてもこのオリジナルグッズを欲しさに商品を買ってしまうということは、過去によくありました。
おまけがメインで商品が従の関係になりますが、この場合でも売り上げの向上させるという大義をはたしたことになり結果オーライともいえるかもしれません。
がしかしここで注意なのは、このオリジナルグッズをなくして販売が全く伸びないまたは激減することもありますので、こうした販売促進の方法は一過性になりやすいことが多いのでまた別の販促品で効果をあげることを想定しなければならない事態に陥る点です。
要は導入後の商品の定着まで早期から企画しておくべきと思われます。