アイディア満載の販促品

販促品やノベルティを配るメリットとは?

販促品やノベルティを配るメリットとは?

販促品やノベルティを配るメリットは覚えてもらうことができることにあります。この覚えてもらうということは実はとても難しいことで、人はすぐに忘れてしまうことがよくあります。
ですが、販促品やノベルティグッズがあれば、それを見た瞬間にその関係者や会社を思い出すということがよくあります。
すると脳はこれを貴重な情報として忘れないようにする働きがあるのです。しかも、覚えてもらうには、こうした具体的なものがあると印象付けをすることができるので、とても覚えやすいということにつながります。
自分の名前や会社を覚えてもらうというのはビジネスでいう最初の一歩の段階ですが、これが出来るのと出来ないのとでは大きな違いがあります。
何しろ一とゼロですからゼロではその後のビジネスには全くつながりません。大きな商談などが舞い込む可能性がゼロになるわけですから、まず覚えてもらうという意味でも販促品やノベルティを配るということには大きな意味があります。

名入れの販促品が広告として役立つ!

企業名が名入れされている販促品ですが、実は広告として役立つ場合があるのです。企業の広告として役に立てたいのであれば、ボールペン、クリアファイル、ボックスティッシュなど普段、生活を送る上で頻繁に使うものが良いでしょう。
頻繁に使うものであれば、自然と視界に入る回数が多くなるので、広告として役立つ場面が増えるからです。
また、せっかくもらった販促品でも、普段使いに向かないものは敬遠されがちです。このような面でも、普段使う機会の多い、ボールペンやクリアファイルなどがおすすめと言えます。
また、名入れの販促品を制作してもらう上で、さらに広告として役立てるためには、会社の情報を入れる必要があります。
クリアファイルでしたら、面積も小さくはありませんので企業のカラー、住所や連絡先など情報を沢山入れることが出来ます。
では、情報を入れる面積が小さいボールペンはどうでしょうか。ボールペンの上部に会社名だけですと、調べる必要が出てくるので広告には向きません。最低でも会社名と電話番号を入れておきましょう。