アイディア満載の販促品

販促品として多く選ばれている物は?

販促品として多く選ばれている物は?

販促品として選ばれている品物の特徴は、どのような顧客であっても、もらって困らない物が使われることが多いです。
例えば、ポケットティッシュやボックスティッシュであれば、性別や年齢に関係なく使われますし、世帯の人数や家族構成に関係なく使われます。
このように消耗しやすい日用品が販促品として選ばれることが多いでしょう。
企業相手に販促品を選ぶ場合は、仕事で使われる事務用品が喜ばれるでしょう。
ボールペンやメモ帳等の筆記用具は、根強い人気がありますが、近年では付箋やマウスパッド、クリアファイルもオフィスで使われることが多くなり、選ばれることもあります。
家庭向けであれば、事務用品も販促品として使われますが、企業名が入っている名入れがされたタオル類も選ばれていることが多いです。
また、身近なキッチン用品も人気があります。
ラップフィルムやふきん、スポンジ等も選ばれることがあるでしょう。
特定の季節で使われる品物もあります。
夏の暑い時期であれば、うちわや保冷剤等も好まれますし、寒い時期には使い捨てカイロなども人気があるでしょう。
年末にお世話になった顧客に1年の感謝の意味で品物を渡すのに、カレンダーが選ばれる場合も多いです。

名入りの販促品を作成するメリット・デメリット

企業で販促品を何か作成しようとする際には、名入りにすると、いくつかのメリットとデメリットが存在します。
まず、名入りにするメリットについてですが、使ってもらうことができれば、勝手に広告も効果が得られるといったことにあります。
そのために各カスタマーが販促品をもって宣伝をしてくれてもらうようなことになり、人伝えに次から次へと自社の名前が広まっていくといった効果があるのです。
しかし、その反面、デメリットもあります。
まず、名入りにすることで利用してもらうためのハードルが極端に上がってしまうといったところにあります。
販促品によっては、人によっては見られることも意識してしまって、使いたいのに公共の場では使わないといった傾向があります。
それは男性や女性、または年代によってもその傾向は変わってきますが、ターゲットとする層などをしっかりと見極めた上で販促品に名前を入れるかどうかを判断するのがよいとも考えます。